いのちの壱

歴史

いのちの壱は、2000年に岐阜県下呂市でコシヒカリの変異株として発見された品種。

こんなお米

いのちの壱はとにかく、粒が大きい。米粒がコシヒカリの約1.5倍もあると言われています。頬張った瞬間、これまでにない食感が味わえます。また、歯ごたえだけでなく、甘みと粘りが強いのも特徴。

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.
6,500円以上お買い上げで送料無料