浅川拓郎

浅川拓郎長野県安曇野市

生産者写真 浅川拓郎長野県安曇野市

信州・安曇野の大自然と若手農家が育むコシヒカリ

アイコン
画像

若手農家が安曇野の良さを伝える

長野県安曇野市の若手農家浅川さんは、お米だけでなくメロンやイチゴなども手掛ける農家だ。小さい時から父親の姿を見て、自分も農業をやりたいと考えるようになり農業高校へ入学、さらに、農学部がある大学へ進学したが、当時安曇野に対する思い入れはほとんどなかった。
学生時代、知人に出身地を伝えると「良いところにすんでいるねぇ~。うらやましいよ。」と言われ、それまで当たり前だった地元の風景が如何に貴重で素晴らしい物かに気付かされたという。
就農後は農産物を生産するだけでなく、この農村風景を守ることが消費地と繋がるためには重要だと考え、その味だけでなく安曇野の田園風景も思い描いてもらえるようにと努力していた。

画像

肥料は有機質を主体に、いずれは農薬にも頼らず

現在は特別栽培、有機肥料を主体に農薬も極力避けている。収穫量は慣行栽培より減ってしまうが、稲同士の間隔を開けて1株毎をのびのびと育てるようにする。将来は化学肥料及び化学合成農薬を使用しない栽培へ移行できるよう試行錯誤の日々だ。

「ひとりでも多くの人に安曇野を感じ、知ってもらいたい。そして訪れてもらい安曇野で癒しを感じてもらいたい。」との思いを込めて育てていた。

画像

残雪の北アルプスが映った田んぼに田植え

一番楽しいと思える時はと聞くと「残雪の北アルプスが映った田んぼに田植えをする時」と真っ先に帰ってきた。その写真を見せてくれたが、誰もが納得できるほどの絶景だ。
この絶景も美味しいお米を作る一つの条件だが、その良さを伝える若手農家が作るお米は、国内のお米コンクールはもちろん海外の食品コンクールモンドセレクションで金賞を3年連続受賞するなど着々と磨きがかかっている。

浅川拓郎のお米

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.
6,500円以上お買い上げで送料無料