ライスサービスたかはし

ライスサービスたかはし宮城県栗原市

生産者写真 ライスサービスたかはし宮城県栗原市

一家でつなぐ米作り
ササニシキ発祥の地で今もこだわり続ける

アイコン
画像

第4回米食味分析鑑定コンクール
ササニシキ・ひとめぼれ部門金賞受賞

ササニシキを作り続ける農家
以前は「あっさり」とした食感が好まれ、コシヒカリと並ぶほどの人気があったお米がササニシキだ。青森県以外の東北で主に栽培されているが、冷害に弱く平成5年の凶作を境に作付けが極端に減少し、店頭で見かけることはあまり無くなった。
そのササニシキを作り続け、さらに食味コンクールで入賞している農家がいると聞きつけ早速訪問。「ツナギの趣旨」を伝え、お米を提供していただけることになった。

画像

30haを営む専業農家

栗原市一迫地区の一戸当たりの平均耕作面積(稲)は1~2ha。高橋さんは親子三兄弟で法人化し面積を徐々に拡大。今では30haを耕作する大規模農家となった。

一迫は宮城県北部にあり稲作が主体の地区。田んぼに使う水は、雪解け水や雨水を蓄えるため山の中腹にある溜池から供給される。また、栗駒山が源流の一迫川からの供給もある。この場合、より清涼な水を使用するため生活排水の入らない上流から、田んぼ専用に水が供給される。この水と自然環境、かつ高橋さんの技術で稲は育まれていた。

画像

ファミリーでつなぐ農業の歴史と技、その美味しいお米

農家を引き継いだのは当初、次男の文彦さん。徐々に規模を拡大する中、長男や三男も就農を決意。農家の平均年齢が上がり後継者不足が表面化している中、兄弟すべてが就農することは、あまり無いケースだ。さらに、農地を引き継ぐだけでなく、「お米日本一コンテストinしずおか」で入賞するなど食味向上にも怠りはない。

高橋さんのお米はその食味の良さから固定客が多くいる。今はコンクールに出品することもなく販路も広げていないそうだが、ツナギの趣旨に賛同、今回の販売を快諾していただいた。

ライスサービスたかはしのお米

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.
6,500円以上お買い上げで送料無料