井関農園

井関農園兵庫県丹波篠山市

生産者写真 井関農園兵庫県丹波篠山市

家族団欒を作る「アイガモ農法」と「食への想い」

アイコン
画像

盆地が生む寒暖差と恵まれた環境

井関農園さんの田んぼがあるのは、丹波栗や黒枝豆などが有名な兵庫県丹波篠山市。周りが山に囲まれた盆地で、昼夜の寒暖差が大きく、篠山川からの清らかな水が流れ込む地域です。普通にお米を作ってもつまらないとの思いから、25年前より合鴨農法をスタート。当時は非常に珍しく、難易度の高い農法であったにもかかわらず、祖父や父の代でしっかりと基礎を作ってくれたおかげで、今まで続けてこれたと言います。より安全性を可視化するために有機JASを制度施工の初年度から取得し、丁寧な米作りを続けてきました。

画像

アイガモから生まれる循環

井関農園の特徴は「アイガモ農法」です。アイガモが稲の間を歩き回ることで、雑草の発生を抑え、振動が稲の刺激になることでしっかりと強い茎に仕上がります。農薬や化学肥料を使わずに済むほか、籾殻はアイガモのベットになり、くず米は餌になるため農園内で循環が生まれ、捨てるものは何もないと言います。可愛らしいアイガモは6月上旬頃から田んぼに入り、穂が出る直前まで田んぼ中でしっかりと活躍します。井関農園では、苗づくりもこだわっており、温度管理、水管理を見極め、根っこを強く健やかな苗に仕上げることを意識しています。

画像

家族団欒の風景を作るための米づくり

お話を伺った井関俊輔さんは、元高校教諭という異色の経歴を持ち、当時、朝ごはんを食べない子供が元気がないのを目の当たりにしたことで「食」を意識し始め、26歳の時に家業を継ぐこと決意したと言います。井関農園のテーマは家族。味や安全性はもちろんだが、家族で集まってご飯を食べる風景、団欒の風景を作るためにお米づくりをしています。井関農園では田植え体験や稲刈り体験を積極的に受け入れており、農と家族と触れ合いながら「食」を考えてるきっかけをもっと作っていきたいと話してくれました。

井関農園のお米

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.