作ぜん農園(齋藤明)

作ぜん農園(齋藤明)山形県酒田市

生産者写真 作ぜん農園(齋藤明)山形県酒田市

名峰「鳥海山」の麓で稲と土の力を最大限に引き出す自然栽培

アイコン
画像

勉強と研究を繰り返し、辿り着いた自然栽培

作ぜん農園さんの田んぼがあるのは、山形県酒田市、丸沼地区にあります。昔から米作りが非常に盛んな地域で、広大な庄内平野の西側に位置し、近くには日本の名峰「鳥海山」、東側には山形県を代表する「最上川」が流れる自然豊かな地域です。兼業農家だった代表の斎藤さんは、偶然「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さんのことを知り、自然栽培を始めることを決めたと言います。農薬はもちろん、肥料も使わない自然栽培の道のりは険しく、勉強・研究を繰り返しながら丁寧な米作りを続けています。

画像

雑草を抑える丁寧なシゴト

自然栽培において、斎藤さんが一番重視していることは雑草を生えさせないこと。秋と春に特殊な耕起作業を繰り返し行うことで、稲藁を土に返し、雑草を抑えています。また、育苗作業にも独自のこだわりを持ち、通常よりも種を播く量を少なくし、太く強い苗を作ることを心がけています。植物や土が本来持っている力を最大限に引き出し、健やかに育ててあげることが重要だと話してくれました。斎藤さんは乾燥作業においても手を抜くことなく、しっかりと収穫時期を見極め、通常よりも3倍以上の時間をかけてじっくりと乾燥作業を行なっています。

画像

チャレンジを忘れず、情熱を燃やす

現在10haある田んぼで、ひとめぼれ ・つや姫・ササニシキ・はえぬきを栽培する斎藤さんは、量よりも質を重視しており、面積の拡大ではなく、目のとどく範囲で味の良いお米づくりを目指しています。雑草の対策には本当に苦労しているが、普通のお米ではなく、こだわって良いものを作り続けていきたいと話してくれました。自然栽培の技術を磨いていくため、チェーン除草やカルチ除草、氷室熟成など毎年新しいことにチャレンジし、美味しく、健康にも良いお米を作っていきます。

作ぜん農園(齋藤明)のお米

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.